ハマーH2のデントリペア

2015年6月11日

医者に貰った薬が効いたせいか風邪も長びかせずに何とか早期で復帰できました、少し忙しくなってきたので良かったです、季節の変り目は体調を崩す事が多いので気をつけないと・・・若い時はそんな事は全くなかったのですが・・・そういう歳になったという事ですね(笑)

今回はハマーH2のリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

ハマーH2画像

目の前で見ると凄い迫力です!このクルマはメッキパーツをブラックアウトしてあって更に凄みが効いてます、以前にハマーH2を一度だけ作業をした事はあるのですが、随分前の事なのでもう全く覚えていません、作業をする前から迫力に圧倒されて少々ビビり気味です(^_^;)

ハマーH2デントリペア作業前画像1 ハマーH2デントリペア作業前画像2 before

ヘコミはフロントドア中央部でかなりキツめのドアパンチです、大きさは5センチ位はあります、しかもかなりスジっぽくなっています、最悪な事にボディ色は黒・・・(^_^;)、お客様には若干の歪みが残る可能性がある事をご説明させていただきましたが、できるところまででOK!との暖かい言葉をいただきましたので全力で作業開始です、いつも通りツールのアクセスが心配です、祈るようにツールを入れてみると外板に接着されるように付いているサイドインパクトビームを何とかギリギリかわしていてアクセスできます、助かりました(^_^;)、ツールさえアクセスできれば取り敢えず何とかできます、鋼板を無駄に伸ばさないように慎重にツールで触っていきます、少しフチに応力が掛っていたので優しく抜いてあげて(笑)歪みとスジを極力残さないようヘコミを押し戻していきます、予想に反して意外と素直な鋼板特性でイメージ通り変化していってくれたお蔭で思っていたより短時間で綺麗にリペアできました。

ハマーH2デントリペア作業後画像1 ハマーH2デントリペア作業後画像2 after

お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

今回はサイドインパクトビーム(ドア内部にある側面衝突の際に乗員を保護する鉄棒みたいな部品)にヘコミが掛っていなくて本当に良かったです、国産車のように外板との間に隙間があるタイプではなくピッタリくっ付いてしまっていたので、もしヘコミがこれに掛っていたら正直なところお手上げでした、あと1センチ下でしたらアウトでした(^_^;)
こういう時はデントリペアの神様に感謝しないといけませんね
『ありがとうございました、これからもお願い致します』・・・(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。