最後の手段、穴をあけてリペアしました

2015年4月3日

今週は先週より一転してとても平和(暇)です(^_^;)、お蔭で普段は面倒で後回しにしている伝票入力やホームページのメンテなどがはかどります・・・この仕事をやっていると、この忙しい時と暇な時の落差が困ります、できれば平均化してくれると良いのですが、なかなかこちらの思惑通りにはいきません・・・世の中そんなもんですね(笑)

今回はアルファードのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

アルファード画像

アルファードデントリペア作業前画像1 アルファードデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはリアクォーターパネルでスライドドアに近い位置です、大きさは4センチくらいですがプレスラインに若干かかっています、それ程深くはないのですが、少しスジのようになっています、この位置のリペアで最も問題なのはツールのアクセスです、過去にもアルファードやベルファイアのリアクォーターパネルの作業では何度も泣かされています、やはり今回もツールのアクセスを確保できません、残された手はプーリング(表側から引っ張って直す技法)なのですが、プレスラインにかかったスジっぽいヘコミの場合はプーリングでは歪みが残ってしまい完全修復はできません、今回のお客様はできれば歪みを残さず完全に修復したいとのご希望でしたので、最後の手段としてリアフェンダーの内部に小さな穴を開けてツールアクセスを確保してリペアするご提案をさせていただきました、、検討していただいた結果、穴を開けてでも完全に修復したいとの事でしたのでリアフェンダー内に小さな穴を1箇所開けてリペア致しました。

アルファードデントリペア作業後画像1 アルファードデントリペア作業後画像2 after

何とか綺麗にリペアする事ができました、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

今回のお客様の場合はクルマ関連のお仕事に過去に従事されていたこともあり穴を開けるリスクなどもきちんとご理解していただいたので穴を開けての作業を致しましたが、基本的には私は一般のお客様からのご依頼の場合には穴を開けてのリペアはお奨め致しておりません(あくまで私の場合です)、理由は色々とあるのですが、一番は私が怖いからです(^_^;)、一度開けた穴は2度と元には戻せないと思うとちょっとビビってしまうのです・・・これ本音です(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。