テールランプの外し方が違いました

2015年3月26日

今週になってから急に一般のお客様からのお問い合わせ・ご依頼が増えてきました、毎年そうなのですが、桜の開花の時期が近づくにつれて忙しくなってきます・・・でもどうしてなんでしょう?・・・とても不思議です(笑)

今回はBMWミニのリペアでした、業者様からのご依頼です。

BMWミニ画像

BMWミニデントリペア作業前画像1 BMWミニのデントリペア作業前画像2 before

ヘコミは左リアフェンダーのアーチ部分に近い位置で給油口の少し後ろあたりです、大きさは約4センチ、それ程深くはないのですが、少しスジっぽくなっています、ミニのリアフェンダー付近のリペアのご依頼は意外と多いのですが、この位置をリペアする際に避けて通れないのがテールランプの取り外しです、もう少し前方の方なら別の手も使えるのですが、給油口より後側であればテールランプを外してツールのアクセスを確保するのが最も作業し易いです、ただ以前にもこのブログで書いたのですが、ミニのテールランプを外すにはまわりのメッキモールをまず外さなくてはなりません、これが怖いのです、細い樹脂製のモールに華奢なツメなのでうまく外さないとツメが折れてしまいそうなのです(^_^;)、今まで折った事は一度もありませんが、外す度にヒヤヒヤさせられます、正直なところミニのリアフェンダーのリペアで一番嫌なのがこの作業です、今回もブルーな気分で作業を始めると・・・このテールランプはいつものとは構造が違っています、モールが外れないのです!トランク内部のサービスカバーを外してみると内部にダイレクトにナットがあります!試しにナットを外したらテールランプがあっけなく取れました!テールランプさえ外れればヘコミは短時間リペアが可能です、スジのような打撃痕をできる限り残さないように慎重にリペア致しました。

BMWミニデントリペア作業後画像1 BMWミニデントリペア作業後画像2 after

ツールアクセスが良好でしたので綺麗に仕上がりました、担当者様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

ミニのテールランプには色々なタイプがあるのですね、全く知りませんでした(^_^;)、今回のようなタイプのテールランプならミニのリアフェンダーのリペアも全く苦にならないのですが、それにしてもいつからこのテールランプになったのでしょう?・・・全く解りません(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。