折り目のようなスジ状のヘコミ

2015年2月5日

先日、節分でしたので豆まきを致しました、鬼役をくま吉(黒ポメ)に頼みました(笑)、鬼のお面を無理やり背負わせてベランダに出てもらいました。

くま吉節分画像1 くま吉節分画像2 くま吉(黒ポメ)

最初はなんだか不満そうでしたが、途中から豆を追いかけ回して楽しそうでした!今年こそは『福』が沢山あると良いのですが・・・(笑)

今回はレガシィツーリングワゴンのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

レガシィツーリングワゴン画像

レガシィツーリングワゴンデントリペア作業前画像1 レガシィツーリングワゴンデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドアで少し後方の中央部分です、大きさは約4センチぐらいですが、ちょっと深いです・・・折り目のようなスジ状の打撃痕がクッキリ残っています(^_^;)、スバル車は鋼板の感触がとても軟らかい感じで、キツく折り目のようなスジが鋼板についてしまうと完全に消すのはかなり厳しいです、まずはツールアクセスを確認です!こういったスジ状のヘコミを綺麗に仕上げるには正確なツールコントロールが要求されます、それには良好なツールアクセスが絶対条件です、何種類かのツールを入れてみるとサイドインパクトバーに少し被っていますがアクセスはまずまず良好です、少しホッと致しました、キツいスジ状のヘコミは少しくらい大きくなってしまってもスジ状の部分を開いてあげると鋼板の動きが格段に良くなります、その後は正確にツールをコントロールしてなるべく不必要に鋼板を伸ばさないように押し戻していきます、その際に大事なのはスジ状の部分をミリ単位で正確に捉えていく事です、文章で書くのは簡単ですが実際にはとても難しいんですよ(笑)、伸びた鋼板を違和感なく仕上げるのに神経を使いましたが何とかリペアできました。

レガシィツーリングワゴンデントリペア作業後画像1 レガシィツーリングワゴンデントリペア作業後画像2 after

お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

完全に折り目のようになってしまったスジ状のヘコミをリペアするのはとても難しいです、今回のように大きさが3~4センチ程度なら何とか形にできますが、5センチを超えるようなヘコミになると違和感なく仕上げるにはかなり好条件が揃わないと厳しい場合が多いです、スジ状のキツ~いヘコミは本当に手強いです・・・(^_^;)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。