アルミパネルは厄介です

2015年1月28日

昨日は週に一度の定休日でした、この時期としてはとても暖かく風も穏やかでまるで春のような良い天気でしたのでセンター南のスタバに犬連れでお茶しに行ってきました。

スタバコーヒー

テラス席で美味しいサンドイッチとカフェラテをいただきました、幸せです

スタバ小太郎 スタバくま吉

くま吉(黒ポメ)はテーブルの下で大人しく良い子にしていましたが、何も貰えない事が不満なのか、小太郎(黒柴)はそっぽを向いてちょっと拗ねていたようです(笑)、とても1月とは思えない暖かく過ごし易い1日でした、それにしても今朝は一転して真冬に逆戻りです、個人的には冬が大好きなのですが、やはり仕事をするには暖かい方が楽です・・・(笑)

今回はメルセデスベンツSクラスのリペアでした、業者様からのご依頼です

ベンツSクラス画像

ベンツSクラスデントリペア作業前画像1 ベンツSクラスデントリペア作業前画像2 before

画像のヘコミはFフェンダーですが、他にも厄介なヘコミがボンネットに2箇所あります(画像無)、この車はFフェンダーもボンネットも共にアルミです(^_^;)、アルミパネルは鋼板とは物性が違いとてもリペアし辛いパネルです、しかも今回のヘコミは全て一筋縄ではいかないようなものばかりで完全修復は難しいとのご説明にご了承をいただいての作業でした、アルミパネルは一言で言うなら『硬くていきなり変化する』といった感じの物質特性です、しかも変化させ過ぎると戻すのがとても難しいです、とにかくアルミパネルの場合は何をやるにも倍神経を使います、今回も正直大変でした(^_^;)、悪戦苦闘する事約3時間!何とか形にはなりました

ベンツSクラスデントリペア作業後画像1 ベンツSクラスデントリペア作業後画像2 after

Fフェンダーはまずまずの仕上がりまでもっていけましたが、ボンネットは諸条件が悪く、目立たなくするだけで精一杯でした(^_^;)、社長様のご確認をいただき何とか終了です、ご依頼ありがとうございました。

小さく浅いヘコミならそれ程ではありませんが、ある程度難易度が高いヘコミのリペアとなると、やはりアルミパネルはとても厄介です、最近では高級車だけではなく、燃費向上の為にエコカーなどにも使われてきているので大変です、我々デントリペア屋だけでなく、板金屋さんもアルミパネルはやっぱり嫌だと言っていました、ボディパネルは鉄がいいです!・・・(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。