ボンネットの先端のリペアの場合

2014年12月24日

今日はクリスマスイブです、今年もあと1週間!、早いです、先週から今週にかけて業者様からの緊急出動依頼が多いです、昨日も休日返上で仕事でした(^_^;)、でも仕事があるという事はありがたい事です・・・(笑)

最近、くま吉は口に締まりがなくなってきたのか、舌チョロになっている事がとても多いです

くま吉舌チョロ画像1 くま吉舌チョロ画像2

昔からよく舌チョロにはなっていたのですが・・・ここ最近は特に多くなったような気がします、この姿の方が長いのではと思うほどよく舌チョロになっています、妻は少し頭が弱いのではないかと、心配しています(笑)

今回はスズキアルトラパンのリペアでした、業者様からのご依頼です

アルトラパン画像

アルトラパンデントリペア作業前画像1 アルトラパンデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはボンネット先端で大きさは4センチ位です、深さはなくボヨ~ン?とした感じのヘコミです、位置からみてボンネットを閉める時に強く押しすぎたのでしょうか、問題はツールのアクセスです、ボンネットの先端部というのはどんな車であっても必ず袋形状になっています、昔はボンネットをロックするコの字型の金具の部分からツールを入れられる事が多かったのですが、最近の車は3重構造になっていてそこからのアクセスは難しいです、ですからその他の小さな穴や開口部を利用してツールアクセスを確保する事が多いのですが、今回は本当に小さな穴しかありませんでした(^_^;)、仕方ないのでそこから細いツールでチマチマリペア致しました(笑)

アルトラパンデントリペア作業後画像1 アルトラパンデントリペア作業後画像2 after

ちょっと苦労しましたが何とかリペアできました、店長様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

ボンネットの先端部のリペアは結構苦労する事が多いです、3センチ以下の小さく浅いヘコミなら問題ないのですが、大きいヘコミだったりパネルのアール(曲がり)のキツイ位置だったりすると本来ならある程度太いツールを使いたいのですがアクセスホールが無くてそれができないケースが多いのです、最近の車のボンネットは衝突安全性の問題から簡単に潰れて衝撃を吸収するようなつくりになっているので簡単にへこんでしまいます、ボンネットを閉める際は強く押しすぎないように充分に注意なさって下さい。

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい、年末は28日まで営業致しております
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。