RX-7(FD3S)は手強いです

2014年12月14日

今日は衆院選挙ですね、私は仕事や用事とスケジュールがつまっていたので期日前投票を早々にしてきました、どんな結果になるのか解りませんが、これで選挙カーも来なくなるでしょうからウチの住宅街も静かになりそうです(笑)

今回はマツダRX-7(FD3S)のリペアでした、一般のお客様からのご依頼です

マツダRX-7画像

マツダRX-7デントリペア作業前画像1 マツダRX-7デントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドア中央部とリアクォーターパネルです(画像はドアです)、まずはドアからです、大きさは3センチ程度で少しスジ状になっていますが特に問題になるようなヘコミではありませんが・・・RX-7のドアは普通の車のドアより厚みがあるんです、厚みがあるとツールをヘコミの裏側までアクセスする際に空回り?してしまう事が多いのです、予想通り、通常この位置で使うツールでは空回りしてしまってアクセスできません、もっとL字状のオフセット量が多いツールを使いたいのですが、そうすると長すぎてルーフサイドにあたってしまって入っていきません(^_^;)、内装を分解するか・・と考えていたところあるツールが頭に浮かびました!試しにそれを使ってみると・・・あっさりアクセスできて無事にリペアできました(笑)。

RX-7デントリペア作業後画像1 RX-7デントリペア作業後画像2 after

今度はリアクォーターの方ですが、こちらも3センチくらいのそれ程深いヘコミではないのですが、内装を分解しても内部が3重構造になっていて全くツールがアクセスできません(^_^;)、色々と試してみたのですが残念ながら方法見つからず・・・仕方ないのでお客様にご了承をいただいてプーリングでリペアする事に致しました、スジ状の打撃痕があって、ほんの少し残ってしまいましたが何とか無事にリペアできました(画像はありません)

お客様のご確認をいただき無事終了です、3度目のご依頼ありがとうございました、ついつい長話にお付き合いさせてしまって申し訳ありませんでした(^_^;)

いつも思いますがFD3Sは手強いです、記憶ではFフェンダーも一部3重構造になっていたように思います、ボディの剛性を出す為でしょうがデント屋泣かせです、車はとても好きなのですが・・・(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい、年末はお問い合わせ・作業依頼が集中する事がございます、年内作業をご希望の方はお早目のお問い合わせ・ご予約をお願い致します
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。