プレスラインのヘコミの場合

2014年11月21日

昨日の寒さと雨から一転して今日は晴天で暖かいです、雨が降ってくれたおかげで埃っぽいのもなくなり空気が爽やかな感じです、今日はまだ平和(暇)ですが、きっと忙しくなるでしょう・・・恐らく・・・多分(笑)

今回はホンダオデッセイのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です

ホンダオデッセイ画像

ホンダオデッセイデントリペア作業前画像1 ホンダオデッセイデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはスライドドア中央部のプレスライン上です、大きさは3センチ程度ですが、少し鋭くスジ状にへこんでいます、よく一般のお客様や初めてお取引いただく業者様より『プレスラインのヘコミも直せるの?』と聞かれますが、こういった角度の浅いプレスラインは特に問題はありません、もちろんヘコミの損傷が酷い場合は別ですが、普通のドアパンチ程度なら殆どの場合は修復できます、ただ最近のBMWやプリウスなどの尖がった角度のキツイプレスラインは別です、好条件(ツールアクセスやヘコミの形状・大きさなど)が揃っている場合を除き綺麗に修復するのはかなりキビシイです、またプレスライン上のヘコミは平坦なパネルのヘコミのリペアに比べればやはり難易度はかなり上がります、今回はツールアクセス良好、プレスラインの角度は浅めと好条件であったのでスジ状の打撃痕を違和感なく仕上げるのに神経を使いましたが大きな問題もなく無事にリペアできました。

ホンダオデッセイデントリペア作業後画像1 ホンダオデッセイデントリペア作業後画像2 after

お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

プレスライン上のヘコミも直せると今回は書きましたが、最近の新型車は鋼板プレスの技術が大きく進歩したせいか複雑なボディラインやシャープでややこしいプレスラインの車がとても増えました、正直なところリペアする際はとても困ります(^_^;)

世の中の様々な物事もそうですが、車のスタイリングやボディラインもシンプル イズBESTではないでしょうか?・・・もうこれ以上ややこしいボディデザインやプレスラインの車を発売するのはできれば勘弁してもらえないかと常々願っております・・・本音です(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。