1つのヘコミに2つの打撃痕?

2014年11月19日

朝晩の冷え込みは少しきつくなってきましたが、日中は気持ちの良い晴天が続いています、秋晴れ、本番といった感じですね、北国では雪の便りもちらほら聞こえてきました、スノーボードの季節も目の前です、タイヤもスタッドレスに履き替えて出動態勢は万全です、あとはゲレンデオープンを待つばかり・・・ちょっと気が早いかな(笑)

今回はスズキエスクードのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です

スズキエスクード画像

スズキエスクードデントリペア作業前画像1 スズキエスクードデントリペア作業前画像2 before

ヘコミは助手席ドア最後部でリアドアとの境目です、大きさは4~5センチですが、変な形状をしていてよくよく観察してみると打撃痕が2箇所ありどうやら2つのヘコミが合体しているような感じです(^_^;)、しかもパネルのフチに近く表側のパネルと裏側のパネルの合わせ目にギリギリです、ツールが入っていくかどうか心配でしたが、何とか到達できますがちょっと力の掛けずらい位置です、縦スジの打撃痕はかなり深いので正確にスジを押し戻していかなければならないのですが応力が掛っているようである程度までしか上がってきません、こういった場合、強引に攻めると必要以上に鋼板を伸ばしてしまうので応力を抜きながら少しづつ戻していきます、ある程度、スジが戻せたので2つ目の打撃痕に移ります、こちらは小さいので正確なツールコントロールを求められます、打撃痕をやっつけたら全体の歪みをとっていきます、フチに近くツールの動きに若干の制限があったので少し傷のような打撃痕は残りましたが何とかリペアすることができました。

スズキエスクードデントリペア作業後画像1 スズキエスクードデントリペア作業後画像2 after

小さなヘコミがあと2つありましたが、そちらも無事リペアできました、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

私は実は隠れ四駆ファンなんです、かつてはパジェロエヴォリューションに乗っていた時期もあります、今でも副変速機付のクロカン四駆がたまに猛烈に欲しくなります、その筆頭なのがスズキエスクードです、今回作業しながらじっくり見せていただきましたが、大きさ、スタイリング、排気量など全てがいい感じです、今の愛車、平成13年式10万キロ突破のエクストレイルもそろそろあちこちガタがでてくる時期なので次期愛車にエスクードは有力候補の1台です、う~んでもスバルのXVも捨てがたい・・・悩んでしまいます・・・ってまだまだ買い換える事はできませんが、悩むだけならお金掛りませんから・・・(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。