プロ並みに歪みが見えるお客様?

2014年9月25日

今日は午前中は雨!風!酷い悪天候で大変でした、でも何より嫌だったのが生暖かくベタつく空気でした、お蔭で汗だくです(^_^;)、午後になり雨があがり晴天になりましたがまるで季節が夏に戻ったようでした、暑いのは苦手です・・・(笑)

今回はマツダデミオのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です

マツダデミオ画像

マツダデミオデントリペア作業前画像1 マツダデミオデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはFフェンダーとルーフサイドの2箇所です(ルーフサイド画像ありません)Fフェンダーは大きさは4センチ位で少し深めです、この位置はツールのアクセスも良い位置ですし、スジ状に折れていたり鋭角な打撃痕が残っている訳でもないので、それ程難易度が高いヘコミでもありませんが、今回ご依頼いただいたお客様はビックリするくらいよく『ヘコミが見える』お客様でした(^_^;)、我々プロでも見過ごすような新車時からある僅かなパネルの歪みもしっかり見えていらっしゃいます、仕上がりのご要望も歪みを残さないように修理して欲しいとの事でしたので、正直なところ緊張致しました(笑)、もちろんいつもできる限り完全修復を目指し全力で作業をしていますが、やはり局部的に鋼板が伸びてしまうような深いヘコミや大きいヘコミはどうしても若干の歪みが残ってしまう事があります、幸いにも今回は綺麗に直るヘコミでしたので良かったです、ルーフサイドの方はツールが入らない位置なのでプーリング(引っ張って修復する技法)で対応致しましたが、こちらはFフェンダーよりもっと浅いヘコミでしたのでプーリングでも何とか新車時からある元々の歪みレベルまではリペアする事ができました

マツダデミオデントリペア作業後画像1 マツダデミオデントリペア作業後画像2 after

お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

今回はヘコミの形状・大きさ、ツールのアクセス・支点、体勢など全てが良好な状態でしたので非常に良い仕上がりまでもっていく事ができましたが、残念ながらいつもそう巧くいくわけでは決してありません、条件が1つ悪くなるだけで仕上がりにも大きく影響致します、逆に悪条件の方が多いケースだと最悪はリペアできない事もあります

ヘコミの色々な条件に左右される、何と言ってもそこがデントリペアという技術の難しいところだと思います。

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。