全くツールが入りません

2014年9月20日

今日からまた連休なのですね・・・全く知りませんでした(^_^;)、もちろん私はこの連休も仕事です、日曜祭日はお取引業者様はお休みのところが多いのですが、一般のお客様からのご依頼は逆に平日より多いので頑張って営業しております、まだ連休中に若干ですが、作業予約をお取りする事ができます、お気軽にご相談下さい。

柴犬小太郎画像 黒ポメくま吉画像

ウチの犬たちは勿論連休でお昼寝中です、羨ましい・・・(笑)

今回はハイエースのリペアでした、業者様からのご依頼です

ハイエースデントリペア作業前画像1 ハイエースデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはスライドドアのドアノブ上部でドアノブとドア前側のフチから凹んでしまっていて大きさも約10センチ位あります、しかもこの位置は全くツールがアクセスできません(^_^;)、これだけヘコミが大きくパネルのフチからへこんでしまっているので、何とかツールで触っていきたかったのですが、何をどうやっても残念ながらツールは入りませんでした、残された手段はプーリング(表側から引っ張って修復する技法)しかないのですが、パネルのフチからへこんでいるのでかなり厳しいです、若干の歪みは残ってしまう旨をご了承いただいて作業致しました、ハッキリ数えていたわけではないのですが30回くらい引っ張っては叩いてを繰り返したと思います、時間も掛りましたが何とか形にはなりました

ハイエースデントリペア作業後画像1 ハイエースデントリペア作業後画像2 after

僅かな歪みはありますが、もともとのパネルのフチにあるプレス時の歪みとうまく同化しているのでパッと見た感じでは殆どわからないと思います、我ながらよくここまでプーリングでリペアできたと感心致しました(笑)、担当者様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

最近はどういう訳か、ツールが入らずプーリングでリペアする事が続いています、ただプーリングの場合はその技法の性質上、どうしてもヘコミの形状によってはリペアできなかったり、仕上がりが悪くなったりするケースがあります、特にスジ状にクッキリ折れ目が残っているヘコミだったり、打撃痕が鋭く残っているような場合は完全に修復できずに痕跡が残ってしまいます、また車によっても鋼板の性質が違い仕上がりに差が出ます、本当はツールがアクセスできれば塗膜肌の調整もできますのでスジ状のヘコミや鋭い打撃痕も消す事ができる可能性が高くなるのですが・・・とは言ってもヘコミは場所を選んでくれないので仕方ないですね・・・ガンバリます(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。