リアゲートのカドはリペアが大変です

2014年8月18日

一般的なお盆休みも終ったみたいですね、急に業者様からのお問い合わせの電話が増えました、作業が集中しそうで怖いです・・・(^_^;)

・・・でも彼らはまだお盆休み継続中です

小太郎盆休み画像 くま吉盆休み画像

羨ましいです・・・(笑)

今回はスズキエブリィのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です

スズキエブリィ画像

スズキエブリィデントリペア作業前画像1 スズキエブリィデントリペア作業前画像2 before

画像の撮り方がヘタクソなのでどこの部分か全然解りませんね、すいません、ヘコミはリアゲートのカド付近です大きさは5センチ位で横に擦ったような形状です、普通車ならそれ程難易度の高いヘコミではありませんが、軽自動車なので気を引き締めて作業開始です、内装を外せばツールアクセスは楽勝かと思っていたのですが、以外と開口部分は小さくアクセスを確保できません、結局、調整用のゴムを外しそこからツールを入れました、支点がとり辛く思ったように力を掛けられない為、ちょっと苦戦しましたが何とかリペアできました

スズキエブリィデントリペア作業後画像1 スズキエブリィデントリペア作業後画像2 after

歪みも残らず何とか綺麗な仕上がりまでもっていけました、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました、暑い中お付き合いいただき申し訳ありませんでした。

今回のお客様は始めは板金塗装での修理を考えていらっしゃいましたが、たまたまその板金塗装屋さんが私とのお取引があって、これならデントリペアでの修理の方が金額的にも時間的にもベストという事でご紹介いただきました、お客様は初めてデントリペアでの修理だったのできちんと直るか興味津々だったようです、こういう最初の機会の場合は緊張します、これできちんと直らないとデントリペアってダメだよっというイメージが定着してしまいます、責任重大です!何とかデントリペアの面目を保てて良かったです(笑)

でも、いつもうまくいく訳ではありません、もっと大きいヘコミだったり深くてスジっぽくなってしまっているヘコミのリペアだと、どうしても歪みが残ったり、打撃痕が消せなかったりします、たまたま最初のデントリペアがそんな感じだと悪い印象になってしまうのでしょうね(^_^;)

デントリペアは色々な諸条件に仕上がりが左右されます、それは事実です、ヘコミの大きさや場所・位置などによって板金塗装とデントリペアを巧く使い分ける事が賢い修理法だと思います、何事も適材適所という事です・・・(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。