直しやすい鋼板で助かりました(FIAT500)

2014年7月13日

ここ数日の暑さは本当に尋常ではありませんね、昨日などは作業中、本当に倒れるかと思いました、これから2ケ月間位はこんな日が続くのかと思うと・・・正直なところ恐ろしいです、果たして無事に夏を乗り切れるのか・・・不安です・・・(笑)

今回はFIAT500のリペアでした、一般のお客様からのご依頼です

FIAT500の画像

FIAT500デントリペア作業前画像1 FIAT500デントリペア作業前画像2 before

ヘコミはFフェンダーのプレスライン上で、大きさは3センチ位ですが・・・鋭く深いです(汗)、こういったプレスラインを損傷して鋭くへこんでしまった場合、鋼板の特性によっては(軽自動車など)リペアしても伸びた鋼板が歪みとして残ってしまう可能性が高いのですが、このFIAT500という車は過去に何度か作業した経験があるのですが、その時の記憶では凄く素直な直しやすい鋼板だったというイメージでした、お客様にも一応、若干の歪みが残ってしまうかもしれないとのお話をさせていただきご了承をいただきました、インナーフェンダーを少しめくっての作業したのですが、ツールのアクセスが良好で適したツールを使えるので非常に助かりました
記憶通り直しやすい素直な鋼板でこちらのイメージした通りに変化してくれます、鋭く深く残っていた打撃痕を消すのに苦労は致しましたが、まずまず良い仕上がりまでもっていく事ができました

FIAT500デントリペア作業後画像1 FIAT500デントリペア作業後画像2 after

塗膜に薄い傷は残っていますがヘコミは取れたので普通に見たのではまず解らないと思います
お客様のご確認をいただき無事終了です
ご依頼ありがとうございました。

FIAT500とても可愛くて魅力的な車です、眺めていると何となく微笑ましい感じがするのは私だけでしょうか?しかもデントリペア的にも非常に直しやすい車なので、ますます好きになりました
こういう車がもっともっと売れて欲しいものですね・・・・(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。