クォーターパネルは厄介です(汗)

2014年7月9日

とんでもなく強烈な台風が近づいているようです、今のところ横浜は蒸し暑いだけですが、これからだんだん荒れてくるのでしょうか?雨は勿論ですが、強風が特に心配です、何とか逸れてくれれば良いのですが・・・(^_^;)

今回はレガシィのツーリングワゴンのリペアでした、業者様からのご依頼です。

レガシィワゴンの画像

レガシィワゴンデントリペア作業前画像1 レガシィワゴンデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはクォーターパネルでリアドアとの境に近い位置です、大きさは約5センチ、それ程深くはありませんが、嫌な所にできたヘコミです、この位置ですとリアドア側からのリペアは凄くやり辛いです、かといってリアゲート側からは距離があって、それもやり辛いです・・・(^_^;)、考えた挙句、体勢、ライトの位置、仕上がり面などを考慮してリア側から作業する事に致しました、内装、テールランプ一式を外しツールアクセスを試みますが、あと少しのところでツールが届きません、何本ものツールを試し、やっとギリギリ、ヘコミを触れるツールを見つけましたが、かろうじて触れる程度でかなり厳しい状況です(^_^;)、汗だくになりながら長くて重いツールをコントロールして何とか形にできました

レガシィワゴンデントリペア作業後画像1 レガシィワゴンデントリペア作業後画像2 after

担当者様のご確認をいただき無事終了です
ご依頼ありがとうございました。

クーペでもセダンでも、リアクォーターパネルのドアに近い位置のリペアは厄介なケースが多いです、ツールのアクセスは勿論ですが、ライトの位置関係や体勢、ツールの支点など様々な点で苦労します、苦労しても最終的に修復できれば良いのですが、場合によっては打つ手が尽き果てて撃沈する事も・・・、リアクォーターパネルのドア寄りのヘコミ修復は厄介です・・・(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。