逆デントのリペア(ポルシェ911)

2014年6月8日

梅雨入りしてから、横浜でも信じられないような豪雨が続いています、我家も一昨日の夜中にベランダの排水口が詰まって湖のようになりビックリしました、慌てて下着のままでズブ濡れになりながら排水口を掃除致しました(笑)

今回は996GT3の逆デントのリペアでした、ポルシェ専門店様からのご依頼です。

996gt3後期画像

996gt3後期デントリペア作業前画像1 996gt3デントリペア作業前画像2 before

実は911の場合はこういったボンネットの逆デントのリペアは凄く多いです、リアにエンジンと搭載していてフロント部分がトランクになっている911特有の現象です、911のトランクは前方に行けば行くほど浅くなっているのですが、それを忘れて高さのある荷物を入れてうっかりボンネットを閉じると中から荷物がボンネットを突き上げて逆デントを作ってしまうというパターンのようです、逆デントのリペアは簡単に言えば叩いて直すのですが、それ程酷くなければ叩く作業のみで修復できてしまうのですが、今回のようにエベレスト級(笑)の高さに突き上げていると周辺の鋼板にも歪みが出てしまうので、叩くだけではなく裏側からツールで歪みを修正していかなければなりません、実際、なかなか歪みがとれずにちょっと手こずりました

996gt3デントリペア作業後画像1 996gt3デントリペア作業後画像2 after

少し時間は掛かりましたが何とかリペアできました
お客様のご確認をいただき無事終了です
ご依頼ありがとうございました。

911の場合は空冷・水冷を問わず、うっかり逆デントを作ってしまうケースが多いようなのでボンネットに荷物を入れて閉める際には充分に気をつけて下さい、万が一、ちょっとした不注意で逆デントができてしまっても、決してご自分で触らずに必ずお近くのデントリペア技術者に相談して下さい、前にも書きましたが素人の方に下手に弄られてしまうと、本来なら綺麗に直せたものも直せなくなってしまいます、程度にもよりますが逆デントのリペア料金は想像されているよりお財布にも優しい金額だと思います、まずは是非、相談してみて下さい!
それがベストな選択だと思います・・・恐らく(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。