アルファのリペアは以外と多いです

2014年5月31日

今日は本当に暑かったです、午前中は室内でエアコンが効いていた所で作業させていただいたので快適でしたが、午後は炎天下での作業で、少しクラクラしました・・・(^_^;)

今回はアルファロメオGTVのリペアでした、業者様からのご依頼です。

アルファGTVの画像

アルファGTVデントリペア作業前画像1 アルファGTVデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドア・クォーターパネル・Cピラーと数箇所あります(画像はドアです)厄介なのはクォーターパネルです、大きさは4センチ位ですがちょっと深めです(画像ありません)心配なのはツールのアクセスです、GTVは以前にも作業した事があるのですが、この車はオープンボディとフレームが供用になっていてツールをアクセスするのにえらく苦労した記憶があります・・・内装をメカの方に外していただいたのですが、予想通り普通の車のような開口部はありません
小さなサービスホールのようなものがあるだけです・・・(汗)、ジョイントできるツールにエクステンションやら何やらひっつけて何とかアクセスを確保!ツライ体勢でしたが何とかリペアできました

アルファGTVデントリペア作業後画像1 アルファGTVデントリペア作業後画像2 after

ドアとCピラーのリペアの方は、特にCピラーはプーリングでの作業でしか対応できない場所なのでかなり苦労致しましたが何とか形にする事ができました

社長様のご確認をいただき無事終了です
ご依頼ありがとうございました。

輸入車のリペアは、通常はやはりドイツ車が殆どですが、実はアルファは結構リペアする機会が多いです、前にも書きましたがアルファの鋼板は凄く素直で直し易い特性なのでドイツ車など同様にリペアし易いので個人的には好きなメーカーです、・・・でも私が作業するのは147、156、GTあたりが圧倒的に多いので最新のモデルは実はあまりよく解りません・・・(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。