プリウスのリアフェンダーのリペア

2014年5月14日

ここ数日はいきなり夏のような暑さになりました(^_^;)
仕事中は早くも汗だくです、今からこんな調子では夏が乗り切れるか心配になってきます(笑)

今回はトヨタプリウスのリペアでした、業者様からのご依頼です。

トヨタプリウスの画像

トヨタプリウスのデントリペア作業前画像1 トヨタプリウスのデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはリアクォーターパネル(リアフェンダー)で大きさは約4センチ、打撃痕が少しスジ状になっています、ドアパンチをされたような感じでまだ当てた車の塗装がへばりついています(^_^;)、この位置は2重の鋼板構造になっているので内装を分解して室内側からでなければツールをアクセスする事ができません、何度かやっている作業なので分解手順は理解しているのですが荷室の床の内装を全部外すのが意外と面倒です、内装さえ外れれば,ツールのアクセスは良好です、スジ状の打撃痕を消すのに少し神経を使いましたが、それほど時間は掛らずリペアする事ができました。

トヨタプリウスのデントリペア作業後画像1 トヨタプリウスのデントリペア作業後画像2 after

歪みも残らず綺麗に仕上げる事ができました、社長様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

考えてみるとこれだけ売れまくって沢山の台数が巷では走っているというのにプリウスの作業回数は意外と少ないような気がします、たまたまかもしれませんがちょっと不思議な気がします(私だけかな・・・)でもプリウスのボディサイドを1周しているあの尖ったプレスラインはガッツリへこんでしまうと今までの経験上まず綺麗には修復できません(^_^;)、このプレスラインはBMWのプレスラインと同じ位嫌いです、プリウスの修復はできればプレスライン以外でお願いします(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。