アウディの鋼板も直し易いです

2014年5月10日

5月9日にメールでお問い合わせいただいたビートルのお客様、大変申し訳ありませんが当方のメールサーバーの設定上の問題らしくメールを返信する事ができません、誠にお手数をお掛け致しますが、お電話でお問い合わせいただけると助かります、宜しくお願い致します。

今回はアウディQ3のリペアでした、一般のお客様からのご依頼です

アウディQ3の画像

アウディQ3デントリペア作業前画像1 アウディQ3デントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドアノブの端の下あたりで大きさは4センチ位ですが、スジ状の打痕が折り目のようになって少し深めです、芯の部分は若干傷のようになっています、しかもボディ色は歪みの見え易い黒です(汗)、ツールのアクセスはまずまず良好なのですが、このスジ状の打痕が厄介です、ヘコミをポンチングで開いてとにかくできる限りスジと違和感を残さないように丁寧に作業致しました

アウディQ3デントリペア作業後画像1 アウディQ3デントリペア作業後画像2 after

数ミリの傷のようなスジはあえて深追いせずに全体のバランスや肌の感じを重視して仕上げました
お客様のご確認をいただき無事終了です
ご依頼ありがとうございました

アウディの鋼板もBMWなどと同様に私の感覚では凄く素直で直し易い鋼板です、今回のようにスジ状に深めにへこんでしまった場合はそこそこの仕上がりまで持っていくまでには結構、苦労する事が多いのですがBMWやアウディなどドイツ車の鋼板はこちらの予測通り素直に変化していってくれます、何か鋼板の材質が違うのでしょうか?その辺の事はサッパリ解りませんが、とにかくドイツ車の鋼板はデントリペア的にはとても素直で良い感じです、デントリペア用?とも思えるサービスホールがあったり流石はドイツ車!といつも感心してしまいます(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。