軽自動車の鋼板は難しい!

2014年5月1日

今日は蒸し暑い感じがします、午後の仕事は汗だくかも・・・(笑)
ゴールデンウィークは25℃以上の夏日の日が多いそうです、これからどんどん暑くなるのでしょうね・・・暑いのは苦手です。

今回はダイハツタントのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

タントの画像

タントデントリペア作業前画像1 タントデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドア中央部で大きさは8センチ位あります、しかも深いです(汗)、軽自動車の場合、普通車と比べて鋼板が薄く軟らかいので深いヘコミのリペアでは鋼板が伸びてしまいリペアしても歪みが残ってしまう事が多いです、今回もその旨お客様のご了承いただいてから作業致しました、しかし、更に問題発生!この位置なら窓枠の隙間からツールをアクセスできると思っていたら全くダメです、隙間から内部を覗いてみるとフレームが縦に通っていてヘコミはその真裏です(汗)、仕方なく内装を脱着しようとしたのですが、センターパッドの外し方が解りません悪戦苦闘する事30分、何とかセンターパッドは外れました、これだけでどっと疲れました(笑)、ヘコミはフレームの隙間から細いツールを入れて少しづつリペア致しました

タントデントリペア作業後画像1 タントデントリペア作業後画像2 after

プレスラインの修復と歪みを極力残さないようにするのに凄く苦労致しましたが何とか形にはできました
お客様のご確認をいただき無事終了です
ご依頼ありがとうございました。

何度もブログで書いていますが、軽自動車の深いヘコミのリペアは本当に難しいです、軽自動車より輸入車の鋼板の方が遥かにリペアし易いです、技術者によっても感じ方は違うでしょうが、少なくとも私はそう感じます
軽自動車のご依頼は浅いヘコミをお願い致します(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
ゴールデンウィークも営業致しております
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。