964の難しいヘコミでした(汗)

2014年4月22日

今週は平和な日々が続いています(^_^;)、余裕をもってノンビリ仕事しています
今日も午前中で予定は終了!午後は散歩にでも行きますか(笑)

今回はポルシェ911(964)のリペアでした、ポルシェ専門店様からのご依頼です。

ポルシェ964c2の画像

ポルシェ964c2デントリペア作業前画像1  ポルシェ964c2デントリペア作業前画像2 before

ヘコミはリアのクォーターパネルで、大きさは10センチ以上で傷もあり、まるで角材でも倒れてきて激突したような感じです・・・・(^_^;)、ここまでガッツリ逝っていると若干の歪みは必ず残ってしまいますが、その旨は事前にご説明させていただきご了承済みなのでとにかく全力で作業です!こういうガッツリ系のヘコミの場合は強引な力技での作業はご法度です、とにかく応力が掛っている部分をまずは解放して鋼板の動きがでてくるまではじっと我慢です、無理に押し戻そうとすると鋼板は不必要に伸びてしまい、肌も荒れてしまいます、鋼板が動いてくるまでは我慢の作業でしたが悪戦苦闘する事1時間半!何とか形にする事ができました。

ポルシェ964c2デントリペア作業後画像1 ポルシェ964c2デントリペア作業後画像2 after

若干の歪みは残っていますが、まずまずの仕上がりだと思います
社長様のご確認をいただき無事終了です、いつもご依頼ありがとうございます。

今回は正直なところラッキーでした、こういったガッツリ系ヘコミで位置があと数センチ前方だったら仕上がりはもっと悪くなっていた思います、小さなヘコミなら別ですが、こういった難易度の高いリペアではツールのアクセスとツールの支点が良い条件でないと仕上がりに大きく影響してしまいます、何度も書いてますがデントリペアでは『ツールのアクセス・支点』は本当に重要です。

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。