パネルのフチのリペア

2014年2月10日

まだまだ日陰には雪が残っています、しかもガリガリのシャーベット状になっています、明日の朝は凍ってアイスバーンになりそうです(^_^;)、運転には十分注意して下さい。

今回はホンダの新型車ヴェゼルのリペアでした、業者様からのご依頼です。

ホンダヴェゼルの画像

ホンダヴェゼルデントリペア作業前画像1 ホンダヴェゼルデントリペア作業前画像2 before

ヘコミの大きさは2センチ程度で小さいのですが、結構鋭く深いです、しかもドア後方のフチで表と裏の鋼板が合わさっているギリギリの位置にあります、この場所はツールがきちんとアクセスできない事がとても多いの厄介です(^_^;)、初めて作業するクルマでしたので内部構造が解らず尚更心配です、内装を分解して内部を確認すると開口部から何とか手が入りそうです、ドアの中に手を突っ込んで刃のようになっている薄いツールをヘコミの裏側まですべり込ませて何とか作業致しました、ツライ体勢でしかも片手での作業でしたのでとても苦労致しましたが何とか形にする事ができました。

ホンダヴェゼルデントリペア作業後画像1 ホンダヴェゼルデントリペア作業後画像2 after

かなり鋭い打撃痕でしたので僅かな歪みは残りましたが普通に見る限りはまず解らないと思います、ご担当者様のご確認をいただき無事終了です、いつもご依頼ありがとうございます。

今回は何とかツールが入っていきましたから修復する事ができましたが、パネルのフチに近い位置だといつもリペアできるわけではありません、ましてや完全にフチからへこんでフチのラインが乱れてしまうと、修復が難しくなるケースが圧倒的に多いです、何処かに駐車していて当てられてへこんでしまう場合は気をつけようがありませんが・・・パネルのフチのヘコミには気を付けて下さい(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。