ポルシェにヘコミはいけません(996)

2014年1月23日

今日は早めに仕事も終わり、この時期にしてはかなり暖かかったので仕事からプライベートにまでフル活用している愛車エクストレイルを久々に洗車致しました、雪道を何度も走りボディだけでなく下回りからタイヤハウスまでドロドロだったのがやっと綺麗になりました、でもこれらの作業で気力・体力ともに尽き果ててしまいワックスまではかける事ができませんでした(^_^;)、もう恐らく3年位はワックスの類はかけていないと思います・・・可哀そうな愛車、次はワックスかけてやるから許しておくれ・・・(笑)

今回は程度極上のポルシェ911(996)のリペアです、ポルシェ専門店様からのご依頼です。

ポルシェ996の画像

ポルシェ996のデントリペア作業前画像1 ポルシェ996のデントリペア作業前画像2 before

凄く綺麗で程度の良い996カレラですがFフェンダーに5センチくらいの目立つヘコミがあります
程度が良いだけにこれは気になります、縦スジの打撃痕がちょっと深いのが問題ですが、ツールのアクセスは良好な位置ので何とかなります・・・なる筈です(^_^;)、インナーフェンダーを少しずらしてツールを入れていきます、スジを消すのにちょっと苦労しましたが、タイヤにツールの支点をとってきっちり力をかけていけたので無事スジも消す事ができました。

ポルシェ996のデントリペア作業後画像1 ポルシェ996のデントリペア作業後画像2 after

歪みも残らず何とか綺麗に仕上げる事ができました、社長様のご確認をいただき無事終了です、いつもご依頼ありがとうございます。

やはりポルシェ911にヘコミはいけません、殆どプレスラインのない美しいボディラインにポコッとエクボがあると、自分の車ではありませんが(笑)見ていてとても気になります、こういう名車に乗られるオーナー様にはできれば綺麗なボディラインのまま乗って欲しいです、1人のポルシェファンとしては思わずそんな風に考えてしまいます・・・すいません大きな世話かもしれませんが、残念ながら自分では買えませんので(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。