911のここは直りません

2014年1月12日

正月気分も完全にぬけて現実モードにやっと切り換える事ができました(^_^;)、いつものペースに戻り何とか仕事しています、でも、やっぱり正月が恋しい(笑)

今回はポルシェ911(964)カレラのリペアでした、ポルシェ専門店様からのご依頼です。

ポルシェ964の画像

ポルシェ964のデントリペア作業前画像1 ポルシェ964のデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはリアフェンダーとエンジンフードの境の後端部分しかもカドです(^_^;)、964は最もリペアする機会が多いポルシェですが、この位置のリペアは基本的には不可能です、過去にも何度かトライしてみましたが、やはりどうやってもツールがアクセスできません、今回も絶望的です(^_^;)、しかし社長様からは多少でもいいから目立たなくして欲しいとの強いご要望をいただきましたので今回に限りマル秘?の裏ワザを使う事に致しました、悪戦苦闘する事約2時間、何とか目立たなくする事はできました。

ポルシェ964のデントリペア作業後画像1 ポルシェ964のデントリペア作業後画像2 after

パネルのフチからヘコミがはじまって折り目の角度が変位しているのでどんなマル秘の裏ワザを使おうが残念ながらフチのラインを完璧に戻すことはできません(^_^;)、フチに近い部分のラインに若干の違和感は残っていますが、これで精一杯です!でもヘコミは大部分取れたので最初に比べればかなり目立たなくはなりました、この位置だと知らなけない人が見れば気が付かないかもしれません(多分)、社長様にご確認をいただき無事終了です、いつもご依頼ありがとうございます。

ちなみにどの型の911でもこの位置がへこんでしまったら正直なところお手上げです(^_^;)、ヘコミの修復は基本的にはできませんのでご理解下さい、くれぐれも宜しくお願い致します(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。