86のドアパンチリペア

2014年1月5日

本日より本年度の業務開始です
昨年末にご予約をいただいていたご依頼が何件かあって少しバタバタしてますが、今年初めのご依頼も無事に終了してホッとしてます。
でも今日はムチャクチャ寒かったです、鼻水垂らしながら仕事してました(笑)

今回のリペアは人気のトヨタ86のリペアです、一般のお客様からのご依頼です。

トヨタ86の画像

トヨタ86のデントリペア作業前画像1 トヨタ86のデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドア中心部で大きさは8センチ位はあります、典型的なドアパンチで縦線のようなスジ状の打撃痕がクッキリ残っています(^_^;)、幸いにもツールのアクセスは良好なので、ある程度までは比較的短時間で上がってくれたのですが、そこからが大変でした、曲面のあるパネルでしたので伸びてしまった鋼板の歪みを消すのに四苦八苦!とても苦労致しました・・・時間は掛かりましたが何とか良い仕上がりまで持っていく事ができました。

トヨタ86のデントリペア作業後画像1 トヨタ86のデントリペア作業後画像2 after

伸びた鋼板が歪みとして僅かに残っている部分はあるのですが、なるべく局部的に変位している部分がないように分散させたので普通に見る限りは解らないと思います、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

86の鋼板はツールで触っていると感覚的にはスバル車と同じ感触です(スバル製みたいだから当然ですね 笑)、とても軟らかい鋼板のように感じられますので(あくまで私感です)ドアパンチには充分気をつけて下さい、恐らくちょっと当てられただけですぐへこんでしまうと思います、駐車場所に注意するなど自己防衛するしか方法はないと思います、不幸にもドアパンチで小さなヘコミができてしまったら、是非、お近くのデントリペア技術者にご相談下さい
それが最適な選択です・・・恐らく(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。