レクサスのリペアの場合

2013年12月26日

クリスマスも終わり、今年もあと僅かになり相変わらずバタバタしています(汗)、例年より少し早めで誠に申し訳ないのですが、本日(26日)で今年の作業予約を終了とさせていただきます
新年は5日より営業開始の予定です、宜しくお願い致します。

今回はレクサスのリペアです、業者様からのご依頼です。

レクサスct200の画像

レクサスct200のデントリペア作業前画像1 レクサスct200のデントリペア作業前画像2 before

ヘコミは助手席ドアのやや前方部で大きさは3センチ位ですがちょっと深めです、しかもボディ色は黒なのでちょっとした歪みが残っても見えてしまいます(^_^;)、そして車はレクサス!今まで私がリペアしたレクサス車は殆どが合わせガラスでした

今回も当然そうだと思っていましたが・・・ラッキーな事にこの車は普通の強化ガラスでした(嬉)、合わせガラスは強化ガラスより強度がかなり落ちるので窓枠の隙間からツールを入れるのは凄くリスキーです、どうしても窓枠の隙間からリペアする場合は私は専用のステンレス製の頑丈なウインドウガードを使ったり樹脂製のガードを2枚重ねにしたりしていますが位置によってはそれでも心配なので普通は内装を分解してリペアするようにしています、でもレクサスみたいな高級車は内装等を基本的には分解したくないというのが本音です(笑)今回は強化ガラスで本当に助かりました、窓枠からツールを入れることができたので比較的短時間で無事リペアする事ができました。

レクサスct200のデントリペア作業後画像1 レクサスct200のデントリペア作業後画像2 after

深さは多少ありましたが、小さなヘコミで使いたいツールがきっちりとアクセスできて正確にコントロールできたお蔭で綺麗に仕上げることができました、ご担当者様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

最近はサイドガラスまで合わせガラスの車が増えてきました、特にハイブリット車などに多いです、もちろん合せガラスでもステンレス製の頑丈なウインドウガードを使用すれば全く問題はないのですが、それでも正直なところ精神的にはよくありません・・・心臓に悪いです(笑)、デントリペア泣かせですね、できることならやめて欲しいです、でも今後は恐らく増えていく一方だと思います(^_^;)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。