ドアのリペア(アルピナ)

2013年10月19日

急に寒くなりました、でも猛暑に比べれば全然OKです、ただ相変わらず少し風邪っぽいですが、歳のせいか季節の変化に体がついていきません(笑)

今回はアルピナのドアのリペアです、一般のお客様からのご依頼です

アルピナD3Tの画像 アルピナD3Tのデントリペア作業前画像1 アルピナD3Tのデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドアプレスラインの下です、大きさは3センチ程度ですが、深めで芯がスジっぽくなっています、ツールのアクセスはまずまずなのですが、スジっぽくなっている芯が取れません、できる限り違和感のないようにバランス重視で仕上げました

アルピナD3Tのデントリペア作業後画像1 アルピナD3Tのデントリペア作業後画像2 after

傷のようなスジがほんの少し残っていますが、ヘコミは何とか取れました、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

小さいヘコミでも深い場合やスジっぽくなっているものは厄介です、ヘコミの深さの判断方法としては、正面から見ても凹んでいるのが確認出来る場合は深い場合や鋭角にへこんでいる事が多いです、逆に正面からは解りずらく斜めに見た時に見えるヘコミは浅い場合が多いです、あくまで目安ですがご参考までに。

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。