996のリペア!リアクォーターパネル編

2013年9月3日

もうそろそろこの夏の暑さで芯までこんがり焼けて、美味しい焼豚になりそうです(笑)、一体何時になったらこの暑さは収まって涼しくなるのでしょう?・・・・もう限界です、焼豚を超えて角煮になる前に涼しくなって欲しいです(^_^;)

今回はポルシェ911(996)のデントリペアで第一弾はリアクォーターパネル編です(第3弾までの予定です)、車はポルシェ911(996後期型)、ポルシェ専門店様からのご依頼です。

ポルシェ996の画像

ポルシェ996のデントリペア作業前画像1 ポルシェ996のデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはリアクォーターパネル(ドアの後ろのパネル)でドアとの境から10センチ位の位置です、大きさは約3センチ、それ程深くない素直な?形状です、この位置は水冷911の場合、ツールのアクセス方法は限られてくるのですが、今回は時間短縮の為、必殺技!名付けて『直押し』でチャレンジ致しました(笑)、この技はまた詳しくご説明する機会があると思いますが簡単に言うとツールにテコの原理を使わず腕力だけに頼ってヘコミを修復していくというオッサンの衰えた身体には堪える技法です(笑)実際今回も腕がプルプルして息がゼーゼーしましたが、浅いヘコミでしたので何とか必殺技で無事やっつける事ができました(笑)

ポルシェ996のデントリペア作業後画像1 ポルシェ996のデントリペア作業後画像2 after

衰えはじめた老体に鞭打って頑張った甲斐もあって歪みの目立つボディ色にも関わらず綺麗に仕上げる事ができました、社長様のご確認をいただき無事終了です、いつもご依頼ありがとうございます。

どうしてもツールのアクセスが悪い時や支点が取れない時にこの『必殺技』を使いますが、この必殺技は深いヘコミや大きいヘコミには全く歯が立ちません、しかも私の場合は1日に何度も使えません、しかも一度使ったら数日間のインターバルが必要です・・・筋肉痛が酷いので(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。