インパクトビームに掛かってました

2018年12月13日

今年もあと2週間ぐらいで終わりです、この時期らしい寒さが戻りやっと師走らしい感じがでてきました、街はクリスマスモードで盛り上がっています、私の仕事は毎年クリスマスまでが忙しく、その後は一気に平和(暇)になります・・・

2018クリスマスツリー

煌びやかなクリスマスツリーを見るともうすぐ今年も終わるんだな・・・早いなぁ・・・、などと少し感傷的な気分になります、でも一瞬にしてもう少し頑張れば連休!連休!と一気にテンション上がります(笑)、残り僅かな2018、もうちょっと踏ん張って今年も無事終えられるようガンバリます!

今回はBMW3シリーズワゴンの修復でした、一般のお客様からのご依頼です。

E91ワゴン

E91です、私の中ではまだ『最新型』という印象でしたが、最近は3シリーズの作業というともっぱらF30型になっています、ここ数年は国産車より輸入車(特にドイツ車)の方がモデルチェンジのサイクルが短いような気がします、しかもボディバリエーションが多彩になりもう型式で言われても全く解らなくなりました(^_^;)、昔は単純で良かった・・・(笑)

E91デントリペア作業前画像1 E91デントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドア中央よりやや下方で大きさは約7~8センチ、縦スジです(^_^;)、折り目のようなスジではありませんが、車体後方から横に擦ったようにして止まったようで画像で見るよりも横幅もあります、しかも何だか変な歪み?が・・・ツールをアクセスしてみて解りました、丁度サイドインパクトビーム(ドア内部にある側面からの衝突時に乗員を守る鉄パイプのような部品)に掛かっています、内部にインパクトビームがある部分がへこむと大抵は押された時にビームに当たって変な歪みが出たりビームに沿ったスジが鋼板に残ったりします、結構、厄介なヘコミです、更に頭を悩ませるのは位置です、ヘコミがもう少し上なら窓枠の隙間からのツールアクセスで何も問題ないのですが、やや下方の為、少し遠いです、でもビームに掛かっている事を考えると外板との僅かな隙間にツールを入れていかなければならないので内装を外してドア後方からのアクセスはイマイチです(^_^;)、仕方ないので腰痛をこらえながら窓枠の隙間からツールを入れて作業しました・・・

E91デントリペア作業後画像1 E91デントリペア作業後画像2 after

縦スジヘコミは上から見ると『スジ』ではなくただの小さなヘコミにしか見えないので本当は横から見ながら作業したいのですが、今回は上からのツールアクセスなので何度もしゃがんで横から見たヘコミの形状と位置を頭に叩き込んでそれをイメージしながら上からツールで触っていきました、何度も何度も立ってしゃがんでを繰り返したのでまるでスクワットをした後のように太ももが筋肉痛になりました(笑)、でも、その甲斐あってまずまず綺麗に仕上がりました、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

実はデントリペアの作業でインパクトビームは決して邪魔者なだけではありません、それどころかビームの裏に入ってくれたお蔭でビームをツールの支点にする事ができて助けられた事も多々あります、インパクトビームが敵になるか味方になるかはヘコミとビームの形状次第です、経験上、確率は五分五分です・・・(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

完全修復できなかったヘコミ

2018年12月7日

気が付けば12月に入っていました(^_^;)、この時期らしからぬ暖かい陽気のせいで季節感がおかしいです、例年ならすでにインナー(ももひき)のお世話になっている時期ですが、今年はまだ使わないで大丈夫です、外仕事が多いので暖かいのは助かるのですが、やはり師走らしくピリッと引き締まるような寒さが来ないと何となく変な感じです、明日あたりからやっとこの時期らしい寒さが戻ってくるとの予報が出ていました、いよいよインナーの登場かな・・・(笑)

最近は難しいヘコミの修復依頼が多くその中には完全修復できないものが・・・今回はちゃんと直せなかったので全てbefore 画像のみです(^_^;)

BMW340ボンネットヘコミ1 BMW340ボンネットヘコミ2 

これはBMW3シリーズのボンネット先端部のヘコミです、何だかよく解りませんね(笑)、15センチ位のスジと出っ張りがミックスしたような変わった形状です、内部が3重構造になっているので幾つかの限られたツールが辛うじてアクセスできる程度です、体勢はきついしツールは入らないで何とか目立たなくするので精一杯でした・・・(^_^;)

964リアクォーターへコミ1 964リアクォーターへコミ2

こちらはポルシェ911(964)のリアクォーターのフチです、エンジンフードの境目からヘコミが始まっています、鋭角な形状ではありませんがボヨ~ンと5センチ位はへこんでいます、空冷911は随分直しましたがこの位置は初めてです、何とかギリギリでツールはアクセスできるのですが支点がとれない状態での作業でとても苦労致しました、パッと見た目には解らないレベルまでは修復できましたが、若干の歪みは残ってしまいました(^_^;)

997リアクォーターへコミ1 997リアクォーターへコミ2 

そして最後はポルシェ911(997)のリアクォーターのヘコミです、テールランプの真上に10センチぐらいの横スジヘコミです、しかもボディ色は黒です(^_^;)、スジが紙の折り目のようにクッキリと残ってしまっています、これだけスジが明確な場合は本当はかなりの力を掛けていきたいのですが、使えるルートが小さなアクセスホールのみなので細いツールしか使えません、しなるツールを抑え込みながら必死に作業しました・・・ヘコミはほぼ取れましたがやはり折り目のようになったスジはうっすらと残ってしまいました・・・(^_^;)

全力を尽くしましたがヘコミの形状や位置が悪かったり、ツールのアクセスが芳しくなかったりなど色々な状況によってどれも完全には修復できませんでした・・・(^_^;)、どのケースも最初に見たときに仕上がりについては大体予想はできましたので充分にご説明させていただいてご了承いただいた上で作業させていただきましたが、やはり作業者としては何となく不完全燃焼といった気分です(^_^;)、こういう時は作業中も作業後も『もう少し違うツールが使えたら・・・』とか『あと数センチ後方にズレてくれていたら・・・』『もうちょっとスジがうすかったら・・・』などと常に考えてしまいます、というのもその僅かな状況の『差』が仕上がりに大きく影響してしまうからです・・・

毎度のセリフですが、デントリペアは本当に難しいです・・・(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです

軽自動車の鋼板は神経使います

2018年11月30日

11月も今日で終わりです、今月は本当に忙しかったです(^_^;)、ただ、この時期にしては暖かい気候が続いていたので助かりました、例年通りの寒さでこれだけ作業件数があると何年か前のように持病の椎間板ヘルニアが悪化します、その時も年末に向け寒さが本格化してくる時期でした(^_^;)、あの時の地獄のような入院生活はいまだに忘れられません、寒さが増す季節には私のガラスの腰は要注意です(笑)

今回はスズキラパンのドアへコミの修復でした、一般のお客様からのご依頼です。

スズキラパン

ラパンってとてもカワイイ車ですね、発売された時からず~っと思っていました、人気車種なので街中でもよく見かけます・・・が、あまり作業をした記憶がありません、まさか、初めて???、スズキのディーラーさんのお仕事を何社もさせていただいているのに???、でも、少なくても記憶の中にはありません、もしかしたら初めてかもしれません、それとも脳細胞が老化で死滅し始めていて記憶が飛んでいるだけでしょうか・・・(笑)

ラパンデントリペア作業前画像1 ラパンデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドアノブ前のプレスライン下で、大きさは3~4センチ程度ですが、結構深いです、打撃痕もかなりクッキリ残っています、更によく見てみると僅かにプレスラインにも影響が出ています、ツールのアクセスは良好な位置なので普通車ならそれ程問題なく修復可能なヘコミですが、軽自動車の軟らかくコシの無い鋼板ですとボケ~と?作業するとすぐ歪みが残ってしまいます、また軽自動車は塗膜の肌目も細かいので伸びた鋼板を違和感なく紛れ込ませるのも結構神経を使います、今回もファーストタッチに特に気を付けながら丁寧に作業致しました。

ラパンデントリペア作業後画像1 ラパンデントリペア作業後画像2 after

それでも僅かな歪みはやはり残っています、でもボディ色が写りこみが弱い白系なので普通に見る限りはまず解らないと思います、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

実際にマイクロゲージのような工具で厚さを測ったりした事はないので、あくまで感覚的な印象ですが軽自動車の鋼板は普通車に比べると2~3割軟らかい感じがします、それが厚さの差によるものなのか、材質の差なのか、または両方なのかは解りませんが、デントツールでヘコミを触っている感触から受ける印象はそんな感じです、最近の普通車でも同じ位軟らかい印象を受ける鋼板は結構あるのですが、何というか『粘り』というか『コシ』みたいな感触が違います、実際、修復してみると感触は似たような感じでも仕上がりには差がでるケースが多いです、特にキツ~イ折り目のようなスジヘコミの場合は顕著です、浅く小さなヘコミなら問題ないのですが、大抵、作業の依頼が来るのは深いものが多いので軽自動車の修復に抱くの私のイメージは『厄介』とか『手強い』です(^_^;)、ましてボディ色が黒系だったりした場合は・・・とっても憂鬱になります(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです