ツールアクセスに悩みました

2018年2月15日

少しづつ少しづつ暖かくなってきて確実に花粉も忍び寄ってくるのを感じます(笑)、そんな中まだまだ頑張って?います

残雪2018

毎朝、小太郎(黒柴)と近所を散歩するのが日課ですが、その途中にある残雪です、先月に降った大雪の残りです、毎朝見る度に小さくなってはいますが何とかは踏ん張っています、他は全て融けてしまいました、いつまで残っていられるのか最後まで見届けようと思います・・・

今回はVW UPのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

VW UP

VW UPデントリペア作業前画像1 VW UPデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはリアクォーター?というかリアフェンダーというか、よく解りませんがリアフェンダーアーチの上辺りです、大きさは2~3センチでちょっと深いですがツールさえアクセスできれば綺麗に修復できます、この位置なら荷室の内装を外せばいけるかなぁ~などとリアゲートを開けて確認してみると・・・このクルマは室内側は内装は無く鋼板剥き出しで完全に2重構造になっていて全くアクセスルートがありません(^_^;)、こうなるとタイヤハウス内にあるドイツ車特有のデントホール?(勝手に呼んでます)にかけるしかありません、インナーフェンダーを外してみると1箇所だけサービスホールがあります、ヘコミとはあまり良い位置関係ではありませんが、ここから何とかするしかありません、使えそうなツールを何本も試してみると何とか使えるものがありました、細くしなるワイヤーツールなので力を掛けにくく少し苦労致しましたがヘコミが小さかったので何とか形にする事ができました。

VW UPデントリペア作業後画像1 VW UPデントリペア作業後画像2 after

塗膜に爪の痕のような打撃痕は僅かに残っていますが、普通に見る限りはまず解らないと思います、お客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

VW UPを作業したのは恐らくまだ今回で3回目ぐらいだと思います、ですから、リアフェンダー周りはもちろん初めてです、最初、お問い合わせをいただいた時も真っ先に浮かんだのがツールアクセスに関してでした、今回は何とかデントホール?からギリギリアクセスできたので良かったですがこの『穴』が使えないとかなり厳しいです(^_^;)、今後もVW UPのリアフェンダー周りは苦労しそうです(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。

トヨタC-HRに試乗

2018年2月10日

先週までの北国のような寒さも少し緩んだように感じます、そのかわり何となく花粉の気配が・・・(^_^;)、今週は近所のディーラーさんから試乗のお誘いをいただいたので仕事の合間にちょっとサボって行ってきました(笑)

トヨタCHR GT トヨタCHR GT リア

もう発売されて1年以上になり街中でもよく見るようになったトヨタC-HRです、実は発表される前からスクープ映像を見てこのスタイリングに参ってしまい、試乗したいと思ってお付き合いのある近所のディーラーさんにお願いしていたのですが、試乗車は人気の高いハイブリットモデルばかりで私が興味のあるターボモデルの方は台数が少ないみたいでなかなか機会に恵まれませんでした、ところが先週いきなり営業マンの方から『ターボの試乗車来ました!』とご連絡をいただいたのでお言葉に甘えて乗せていただく事に・・・(笑)

今回乗せていただいたクルマは豪華仕様の『GT』です、ターボモデルには他に標準仕様?の『ST』があります、この試乗車には何やらオプションのエアロパーツが付いていてかなり戦闘的な感じです、私のようなオジサンにはこの外観は派手過ぎてちょっとついていけないです(笑)
早速試乗!結果から言うと『想像以上に良いクルマでした』、何よりボディの剛性感や乗り心地・静粛性などはひとランク上のクラスのようです、そして一番心配?だった動力性能も私には全く問題ないレベルでした、それどころかスポーツモードにすると『これが本当に1200CC?』と疑ってしまう程よく走ります、唯一気になったのはやはりCVTの制御です、普通に走る分には何も問題ないのですが、コーナリング中などに細かくアクセルをコントロールしようとすると若干反応の遅れを感じます、この部分は今の愛車RAV4と殆ど変らず私には進歩があまり感じられませんでした・・・
でも、それ以外は殆ど気になる部分は無くそれどころか様々な部分での進化が感じられクルマの進歩は本当に早いと驚きました、残念ながらすぐには購入する事はできませんが次の相棒候補ナンバー1です、でも参考までにと営業の方が出してくれたお見積もり金額を見て頭の中で膨らんでいた妄想は一気に現実に引き戻されました、高いんですね(^_^;)、新車は無理かも・・・(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。

スイフトRSのドアプレスライン

2018年2月5日

先週は節分でした、今年もくま吉が鬼役です(笑)

節分くま吉 くま吉

鬼のお面をいきなり被せられたくま吉(黒ポメ)は何が起きたのか解らずキョトンとしています、でも、豆まきをはじめると立派に鬼役を演じてくれました(笑)、ご褒美に豆をあげると・・・

節分くま吉2

何だかドヤ顔です、立派に仕事をこなした満足感に浸っているようです(^_^;)、来年も鬼役をヨロシクお願いします!(笑)

今回はスズキスイフトRS(現行型)のリペアでした、中古車業者様からのご依頼です。

スイフトRSデントリペア作業前画像1 スイフトRSデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはリアドア上部のプレスラインです、大きさは5センチぐらいですが下から突き上げられたようでプレスライン上はへこんでいるのではなく盛り上がっています(^_^;)、それほど尖ったプレスライン形状ではないのが救いではありますが、綺麗に仕上げるのは結構難しいヘコミです、まずは盛り上がった部分を丁寧にポンチングで落としていきます、ただ落とし過ぎてラインを変形させてしまうと後の作業が大変な事になってしまうのでかなりの繊細さが必要です、ある程度盛り上がった部分が落ちてきたらツールでヘコミを触っていきます、普通ならへこんでいる部分をまず戻していくのですが今回は最初にプレスラインをきちんと整形していきます、理由は経験上、ライン下のヘコミはプレスライン付近の乱れから引っ張られてできているように思えたからです、予想通り、ラインを整形していくと下のヘコミはどんどん浅くなっていきます、ラインが綺麗に修復できた時点で下のヘコミは殆ど解らないレベルになっていました、最後に写りこむ背景をチェックしながら歪みを修正して作業は完了です。

スイフトRSデントリペア作業後画像1 スイフトRSデントリペア作業後画像2 after

ヘコミが浅い割には結構苦労致しましたが、何とかまずまずの仕上がりまでは持っていけました、担当者様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

最近はスイフトの作業というと現行型がめっきり多くなってきました、昨年中頃から一気に移行してきた感じです、やはり人気車は売れている台数が多いせいか普及するスピードが早いのですね。現行型スイフトはとても好きなクルマなので何となく嬉しいです(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。