プーリングは万能ではありません

2017年12月6日

クリスマスイルミネーション

街はすっかりクリスマスモードに入ってきたようです、あちこちにツリーやイルミネーションが飾られています、年々クリスマスのプレビュー期間が長くなっているような気がするのは私だけでしょうか?でも、何歳になってもクリスマスというのは何となくワクワクするので長く楽しめるという事はいい事ですね(笑)

その反面、木々は紅葉を終えて冬モードに入ってきました・・・

自宅前紅葉

自宅の前の紅葉?も真っ赤だった色がくすんできました、もう少しで散ってしまうのでしょうね、ちょっと寂しい感じがします、色々な面で季節は冬に移っていきます・・・。

今回は最近よく聞かれるプーリングについて少し・・・

プーリング作業前画像

上の画像はルーフ(天井)にできた5センチ位の浅いスジ状のヘコミですが、本来ならルーフライニング(天井の内装)を外して裏側からツールで押し戻していくという通常の技法で作業するのがベストでしたが諸事情からプーリングで修復する事になりました

プーリングタブ

プーリングタブ2

画像(上)のようなタブと言われる物を溶着させて引っ張ってヘコミを直します、ただ、この技法は簡単ではありません、ヘコミの形状や深さ、またどの部分に応力が掛かっているかなどを的確に把握して考慮しながら何度も『引っ張る』とポンチで『叩いて整形』を繰り返さなければなりません、ツールで押し戻す通常の技法ならミリ単位で調整ができるので歪みを細かく散らす事が可能ですが、このタブでは当然そんな事はできません、ですから、基本的にはその他の条件が同じならツールで押し戻す方が仕上がりは確実に良くなります、今回も何度も『引っ張る』と『叩く』を繰り返し何とか形にする事ができました。

プーリングアフター

普通に見る限りはまず解らないレベルまでは仕上がりましたが、やはり僅かな歪みは残っています、お客様はとても喜んで下さったので良かったのですが、これがもしツールで押し戻す技法で作業していたなら殆ど完璧に修復できたと思います。

『でもお客様が満足ならツールが入らない位置でもみんなプーリングで作業すればいいじゃないか?』と業者様などによく聞かれるのですが、もちろんお客様によっては僅かな歪みが残るのも気なってしまう方もいらっしゃいますし、何よりプーリングという技法はヘコミの形状や深さ、位置によっては全く対応できない事があります、特にプレスライン上やスジ状の深いヘコミなどは殆どお手上げです(^_^;)、また、再塗装してあるパネルや日産車のスクラッチシールドなどは塗膜が剥がれるリスクもあります、つまりプーリングの技法は直せるヘコミは限られてしまい仕上がりについても通常の技法より悪くなる事が多く、更に最悪の場合塗膜が剥がれる場合もありうるという事です(^_^;)

どんなヘコミにも対応できれば本当に助かるのですが・・・それを痛感しているのは他ならぬデントリペア技術者本人だと思います(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。

DIYデントリペアの痕跡を修復

2017年11月30日

もう明日から12月です、今年もあと1ヶ月あまりです、早いですね(^_^;)、先週あたりからお取引先のクルマ関連業者様からの修復依頼も一気に増えてきました、この時期からクリスマスあたりまでは毎年かなりバタバタします(^_^;)、しかも今年は例年より年末モードの突入時期が早そうな感じです・・・できれば早めに仕事納めをして年末はゆっくりしたいですね(笑)

今回はスバルレガシィのリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

スバルレガシィ画像

スバルレガシィデントリペア作業前画像1 スバルレガシィデントリペア作業前画像2 before

ヘコミは助手席ドア前方部2箇所です、ちょっと奇妙な形状だな?とは思ったのですが、ボディ色がシルバーでよく見ていなかったので最初は『変な物が当たったのかな・・』位にしか思わなかったのですが、ライトを当ててしっかりヘコミを観察するとヘコミの中に不自然な凹凸ができていてシワのようになっています???・・・これはもしかしてDIYデントリペアの痕跡では(^_^;)、手前のヘコミにも明らかに不自然な凹凸がありこちらはヘコミの中ではなくフチがかなり盛り上がっています・・・、間違いありません、何か市販のデントリペアキットのようなもので素人の方が自らプーリング(表側から引っ張って直す技法)したようです(^_^;)、しかし、当然ですがパネルが歪みだらけになってしまっています、もうこのように鋼板を局部的に伸ばされてしまうと残念ながら完全には修復できませんが出来る限りリカバリーします、まずは盛り上がってしまったシワのような凹凸を丁寧に叩いて落としていきます、ただ伸びきってしまっている鋼板はどこかに『歪み』として出ようと常に虎視眈々と狙っています(笑)、出来る限り局部変位させないように神経を使いながらポンチングとツールで裏から押しだす作業を何度も何度も繰り返し何とか形に致しました。

スバルレガシィデントリペア作業後画像1 スバルレガシィデントリペア作業後画像2 after

もちろん歪みは残っていますが、パッと見た感じでは解らない程度には目立たなくする事ができました、お客様にご確認いただいたところ喜んでいただけたのでホッと致しました、ご依頼ありがとうございました。

作業後、お客様にお聞きしたところやはり市販のデントリペアキットでDIYなさったそうです(^_^;)、お気持ちはよ~く解りますが、できれば何も触らずに持ってきていただいていればもっと綺麗に仕上がったと思います・・・残念!

自分のクルマをDIYで作業をするという行為はクルマ好きにとっては楽しいですよね、私もクルマが大好きですのでよく解ります(笑)、でも、作業なさる時は結果やコストなどもよくご検討なさってみて下さい、場合によってはDIYの代償は高くついてしまう事もあります、それをよく理解した上でも自分の手で作業してみたいというのならそれは『あり』だと思います、でも、仕上がりを重視なさる方は絶対にやめた方がよいと思います(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。

930カレラのリペア

2017年11月25日

もう11月も終盤です、日に日に寒さが増していきます(^_^;)、今月は中頃は比較的暇だったのですが、だんだん作業依頼が増えてきました、少しづつ年末モードになってきたかな~!という感じです、・・・年末は車関連業者様からの納車ラッシュで毎年バタバタしますが今年は少し動き出しが早いような・・・恐ろしい(笑)

今回はポルシェ911(930)のリペアでした、一般のお客様からのご依頼です。

ポルシェ930画像

とてもきれいな930カレラです、この型を作業するのは久しぶりです、数年前までは930・964は最も頻繁に作業する『ポルシェ911』だったのですが、最近は911の作業といったら殆どが水冷です、これも時代の流れなのですね、空冷世代?としてはちょっと寂しい感じもしますが・・・

930カレラデントリペア作業前画像1 930カレラデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはドア中央部です、大きさは5~7センチ程度で少しスジっぽくはなっていますがそれ程深くはありません、このヘコミの前方下にもう一箇所浅いヘコミがありましたので、そちらも一緒に修復となりました、ちょうどドアの内張りをレストア中で外してあるので即作業に入れます、ありがたいです、この位置はツールアクセスは良好なので、ある程度までヘコミを取るのは早かったのですが、よくよく見ると思ったより広範囲が引っ張られているので歪みを取るのが意外と大変です、写りこむ背景をチェックしながらなるべく違和感の出ないようにバランスを見ながら作業致しました。

930カレラデントリペア作業後画像1 930カレラデントリペア作業後画像2 after

もう一箇所のヘコミも修復してお客様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

空冷911はもう完全にコレクターズアイテムになってしまったので今後はどんどん市場に出る台数は減ってくるのでしょうね、現在所有なさっているオーナーさんはきっと大事にメンテナンスしながら古き良き『ポルシェ』を楽しんでいるのだと思います、羨ましいです(笑)、10年位前までは空冷911の中古相場もそれ程高くはなかったので正直なところコンディションの悪いクルマもかなり流通していました、でも最近見る空冷911は走行距離が伸びていてもよく手入れされた程度の良いクルマばかりです、価格が高騰してとても庶民の手が届くような車ではなくなってしまいましたがクルマにとっては高価になった事でより大事にされるようになって良いことのなのかもしれません、スーパーカー世代としてはボロボロの911なんて見たくないですから・・・でも、将来、程度の良い964を買ってノンビリ楽しむという夢は完全に断たれました(笑)

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(右バナー)、またはこのブログのメニューより『デントリペアのお問い合わせ・料金』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。