黒の軽自動車は難しい?

2014年3月6日

今日はメチャメチャ寒かったです、もう3月ですが季節が真冬に戻ったような感じでした(^_^;)、寒い季節は個人的にはとても好きなのですが、作業するにはツライです、心境は複雑です・・・(笑)

今回はスズキワゴンRのリペアでした、業者様からのご依頼です。

スズキワゴンRの画像

スズキワゴンRのデントリペア作業前画像1 スズキワゴンRのデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはボンネットの先端部、大きさは3センチくらいですが、少し深めです(^_^;)、ボディ色が黒系なのでちょっとした歪みが残っても結構見えてしまいます、また軽自動車なので鋼板が伸び易く触り過ぎるとかえって肌が荒れたり鋼板が伸びてしまって仕上がりが悪くなる場合もあります、ヘコミの状況をよく把握して必要な場所を的確に触ることが綺麗に仕上げるコツです、幸いにもツールのアクセスが良い位置だったので触りたいところを適切に触る事ができました、比較的短時間でリペアする事ができました。

スズキワゴンRのデントリペア作業後画像1 スズキワゴンRのデントリペア作業後画像2 after

歪みも残らず綺麗に仕上げる事ができました、担当者様のご確認をいただき無事終了です、ご依頼ありがとうございました。

軽自動車で黒系のボディ色の場合は綺麗に仕上げるのは本当に神経を使います、今回はそれ程鋼板が伸びていなかったので良かったですが、もっと鋭角にへこんでいたり大きいヘコミだったりすると軽自動車の軟らかくコシのない鋼板ですとすぐ局部的に伸びてしまいます、そうなると伸びた鋼板を散らしきれずに『歪み』としてどこかに見えてしまいます、写りこみの鮮明なボディ色だと尚更ですね(^_^;)、軽自動車でボディ色が黒の場合は本当に大変です(^_^;)

『軽自動車はポルシェより難しい』・・・というのが私の本音です(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(『ホーム』)、またはこのブログのメニューより『お問い合わせ』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。