台風による損傷について

2019年9月10日

昨日、首都圏近くを通過した台風15号の強風等によってできてしまったヘコミに関してのお問い合わせがとても多くなっております、横浜でも風速40メートルを超える猛烈な風だった事もあり、車体の様々な位置に損傷が及んでいるような状況です、昨日だけでも『バイクが倒れてドア下部に損傷』『看板が走行中に車体前面に激突』『強風で沢山の枝が飛んできて数箇所が凹んだ』『理由は分からないがRクォーターパネルにエクボができてしまった』など何件ものお問い合わせ・作業依頼を頂きました・・・。

そこでお問い合わせの際にお願いがあるのですが、車体側面(フェンダー、ドア、リアゲートなど)はヘコミの位置や大きさなどお聞きできれば修復の可否、仕上がり、概算のお見積りなどある程度算出する事は可能なのですが、車体上面のパネル(特にルーフや各ピラー等)に関してはルーフライニングの脱着が必要かどうか、必要だった場合にそれが私の方で脱着できるクルマかどうか、またプーリング(表側から引っ張って直す技法)で対応なヘコミかどうかなどで修復の可否、仕上がり、金額が随分変わってしまいます、もちろん、実車を拝見させていただくのがベストなのですが、お問い合わせ・ご依頼が多くなってちょっとバタバタしておりますのでなかなか実車を拝見しにお伺い出来ないというのが実情です、出来れば事前に画像等でヘコミの概要が把握できればある程度の判断が可能なのでとても助かります

また、損傷が5センチ以上のヘコミや手のかかる内装の脱着が必要な場合、出張修理で対応する事が難しく横浜市都筑区の私の自宅ガレージでしか作業をお受け出来ない場合もございます、誠にお手数をお掛け致しますが、お客様の大事なお車の仕上がりに関わる事なのでご理解くださいますよう宜しくお願い致します。

私の自宅(都筑区)も深夜は雨・風共に凄かったのですが、昨年の時よりは少し弱かったかな・・と感じておりましたがお問い合わせを頂いたお客様からお伺いしたお話では場所によっては昨年以上だったようです、不運にも何らかの被害をお受けになられた方、心からお見舞い申し上げます・・・

デントリペアについてのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(『ホーム』)、またはこのブログのメニューより『お問い合わせ』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです