2度目のリペア

2013年10月3日

最近、2度目のご依頼をいただけるリピーターのお客様が多いです、クルマ関連の業者様などと違い一般のお客様の場合、頻繁に愛車に何らかのヘコミができる確率は低いので2度目のご依頼というのはかなり時間が経過してからというが普通です、今回のお客様も前回のご依頼は1年以上前でした、でも覚えてくださっていてお電話いただける事は大変ありがたいことです。

今回は車はアルピナB7、一般のお客様からのご依頼です。

アルピナB7の画像 アルピナB7のデントリペア作業前画像1 アルピナB7のデントリペア作業前画像2 before

ヘコミはリアドア中央より少し下側です、大きさは4センチ程度ですが芯がスジ状に折れてすこしキズもついています(^^;)、前回の作業も同じドアのドアノブ下あたりでツールのアクセスが辛くかなり苦労しました、今回は窓枠の隙間から少し遠いですがツールがアクセスできて助かりました、こんな高級車の内装は正直なところ絶対に分解したくありません(笑)、ただスジ状の打痕がキツく、なかなか出てきません、ポンチングでヘコミを開いたりフチの応力を抜いたり色々とやりながら少しづつ戻していきます、強引に攻めたくなるのをグッと我慢します、これ結構大事かも!ヘコミが動いてくれば一安心です、一気にフィニッシュに向けてツールを動かしていきます、歪みを取りながら全体のバランスをとって作業終了です。

アルピナB7のデントリペア作業後画像1 アルピナB7のデントリペア作業後画像2 after

塗膜についた傷のようなスジは消せませんがヘコミはまずまず綺麗に修復できました、ボディ色が白系という事もあり普通に見る限りまず解からないと思います、お客様のご確認をいただき無事終了です、2度目のご依頼ありがとうございました。

デントリペアは傷のない小さなヘコミを修復するには最適な修理方法だと言えます(残念ながらキズは直せません)特にドアパンチなどでドア一面全てを再塗装してしまうのはとてももったいないと私は思ってしまいます、もっと一般のお客様にも認知され活用していただければよいのですが、もともとが黒子?のような仕事なのでなかなか浸透していかないようです・・・微力ながら私も頑張ります(笑)

デントリペアのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい
デントリペアジェイテクニックへのお問い合わせ・ご依頼は公式HP(『ホーム』)、またはこのブログのメニューより『お問い合わせ』をご覧ください。

このブログはデントリペアジェイテクニックのオフィシャルブログです。